泉リハビリセンター

繋がり
医師紹介 介護老人保健施設 短期入所療養介護 通所リハビリテーション

医師紹介

施設長 土光 莊六

経歴

昭和43年 岡山大学医学部卒業/岡山大学第2外科入局

昭和52年 米国マサチューセッツ州立大学医学部研究員

昭和55年 川崎医科大学胸部外科講師 その後 助教授

平成6年 岡山県邑久町立病院(現瀬戸内市民病院)副院長

平成9年 香川県大川総合病院(その後さぬき市民病院)院長

平成18年 兵庫県中町赤十字病院院長

平成24年 弘友会泉リハビリセンター 施設長

学会・その他

日本外科学学会指導医(平成2年11月末まで)

日本脈管学会特別会員

日本性機能学会評議員

日本医師会会員(※岡山大学より医学博士号取得)

介護老人保健施設

医学的管理の下、看護・介護のケア、リハビリ、レクリエーション等を提供し、日常生活において必要な機能の維持・回復を目指します。

看護・介護・リハビリさらにレクリエーションを通じて日常生活において必要な機能の維持、及び回復に向けての計画や、お世話をさせて頂きます。自然に恵まれた環境のもと、それぞれの方に合う方法やリズムで無理のない生活を安心して送っていただくことで、1日も早い家庭復帰を目的としています。

利用日・時間

24時間365日

利用定員数

82名

対象者

要介護1~5の認定をお持ちの方・病状が安定されている方
(短期入所要介護の場合は要支援1~要介護5の認定をお持ちの方)
緊急利用の場合は支援相談員までご相談ください

泉リハビリセンター外観 泉リハビリセンター事務職員
現在の空床情報:空き3床(2018年11月28日時点)

主なサービス内容

医療・看護・介護の専門のスタッフが健康状態のチェック及び個人の日常生活に合ったケアを提供します。

食事
管理栄養士が病状に合わせたお食事を提供します

入浴
特殊浴・機械浴・解除浴・個人浴を完備しています

レクリエーション・コミュニティとの交流

リハビリ
リハビリの専門スタッフによる身体機能の維持向上をめざし、自立した生活が送れるように支援します

理学療法士(PT)
ベッド上の動作・歩行などの基本的な動作訓練

作業療法士(OT)
食事や更衣。排泄動作などの日常生活動作訓練

言語聴覚士(ST)
言語訓練・摂食・嚥下訓練

泉リハビリセンターサービス 泉リハビリセンタースタッフ

施設案内

フロア

泉リハビリセンターフロア

浴室

泉リハビリセンター浴室

リハビリ

泉リハビリセンターリハビリ

短期入所療養介護

ご自宅で介護が困難になった場合などに短期間入所していただき、医師や看護師、理学療法士等による医療や機能訓練、日常生活上の支援などを提供するサービスです。ご家族の方が、病気や冠婚葬祭その他の事情により一時的に介護が困難な場合にもご利用ができますので、お気軽にご相談ください。

対象者

介護保険で要支援1~要介護5の認定をお持ちの方
病状が安定されている方

短期入所療養介護

通所リハビリテーション

利用日・時間

月~土曜日(12月31日~1月3日は休み)
9時30分~15時45分

利用定員数

80名

対象者

要支援(1~2)、要介護(1~5)認定された方に介護、看護、リハビリテーションを中心とした日常生活の援助をさせていただきます。医療的管理のもと、リハビリ、入浴、レクリエーション等のサービスを提供します。

泉リハビリセンター通所リハビリテーション

1日の流れ(一般的な例です)

8:30~ お迎え 送迎専用車がご自宅にお迎えに参ります。
安全で安心な送迎。リフト車両も充実しています。

9:30~ 入浴サービス
3種類の入浴設備があり状態に合わせ対応可能です!
予防給付の方も、ご自宅での入浴が難しい方は対応しています。

10:00~ 「より愛」リハビリ(集団リハビリ)
ペトベル体操(音楽に合わせ、ペットボトルを使った体操)や、上下肢の筋力増強の運動などに力を入れています。
頭を使うレクリエーションを行ったり、ボランティア様による演舞等があります。

12:00~ 食事 口腔ケア
よりおいしく食事をするため、より楽しく会話をするため、口の中を清潔に保つために、嚥下訓練や発話訓練、口腔ケアなどの必要な訓練を行わせていただきます。

13:00~ 昼休憩

13:30~ リハビリテーション
絵手紙、習字、ネイルケア、 散歩、ハンドマッサージ等を行っています。日によって、選択制のレクリエーションを行っています。毎週水曜は別室でカラオケクラブ を行っています。

15:00~ 帰りの集い

15:45~ 送り お帰りもご自宅までお送りします

泉リハビリセンター一日の流れ 泉リハビリセンター一日の流れ
page up